ネットウィンドウショッピングのススメ

最近では利用していない人の方が珍しい『ネットショッピング』。そんなネットで行うショッピングの有用性と歴史にせまります。

最近では利用していない人の方が珍しい『ネットショッピング』。そんなネットで行うショッピングの有用性と歴史にせまります。

ネットウィンドウショッピングのススメ

電子商店街(でんししょうてんがい)とは、インターネット上で複数の商店のページ(電子商店)を一つのサイトにまとめて、様々な品物を販売するウェブサイトのこと。ネット商店街、オンラインモール、サイバーモール、電子モールなどさまざまな呼称がある。
電子商店街(以下、サイバーモールという)を構成する商店主はただの趣味の人から本業の人(個人事業者)、さらに実店舗を有する大手企業までさまざまである。年商も数万円から億単位まで幅広い。

サイバーモールの利点

消費者(買い手)側から見た場合

同一モールの複数店舗を縦断して商品や価格などの検索が行える。
支払い決済や配送などを一括して行なえるものもある。

販売者側から見た場合

支払い決済や配送などを一括して行なえるものもある。
モールの有する集客力を活かせる。(楽天のTBSに対する一連の動きは、本業である自社モールの集客力アップの意味合いもある)
ECサイト構築のコストが少なくて済む
決済など共通機能については、自社でセキュリティ等を考慮しなくても最新の機能が使用できる(運用コストが安く済む)

サイバーモールの欠点

消費者(買い手)側から見た場合

個々の店舗を意識しにくい。

販売者側から見た場合

システム上の制約で他店との差異を出しにくい。
売上の一部(3〜5%程度)を、モール運営者に手数料として支払う必要がある。(ただし、これは宣伝広告費と考えれば、微々たる金額である)

eコマースについて

通信販売の一つの形態であり、インターネットや専用線のようなコンピュータネットワーク上での電子的な情報通信によって商品やサービスを分配したり売買したりすることをいう。
電子商取引は情報技術産業(IT産業)の立場からみると、商業トランザクションが目的とされたビジネスアプリケーションであるとみなされる。あるいは電子商取引は電子資金移動(EFT)、サプライチェーン・マネジメント、電子マーケティング、オンラインマーケティング、オンライントランザクション処理、電子データ交換(EDI)、自動化された在庫管理システム、および自動化されたデータ収集システムのいずれかであるとも言える。
電子商取引といえば従来は、特定の企業間取引(B to B, B2B, Business to Business)における電子データ交換(EDI, Electric Data interchange)や銀行間の電子資金移動(EFT, Electrical Finance Transfer)を意味していたが、近年ではインターネットを利用した不特定多数の参加者による企業対消費者間取引(B to C, B2C, Business to Consumer)、さらにインターネットオークションなどの消費者間取引(C to C, C2C, Consumer to Consumer)も指すようになった。
インターネット上の商行為は、商品購入、広告宣伝、契約締結、資金決済など幅が広い。インターネットを利用し、Webサイトを構築し商品を売るサイトをECサイトという。

eコマースの問題点

特有の問題として、回線上のデータ漏洩のほか、回線そのものや、インターネットサービスプロバイダ内部の設備トラブル発生時などの問題が挙げられる。
一般の電話やFAXなどの通信回線と異なり、インターネット特有のオープンネットワークという構成から、商取引の安全性や消費者保護(主に個人データやクレジットデータなどの外部への流出)などには、何らかの対策が必要となる。代表的な対策例として、インターネット特有のデータの機密保持については、基本的には、TLSなどの暗号化通信を使い、経路途中でデータの盗聴がされても、内容がわからないように設定している。
基本的には通信販売の一つの形態であるため、日本では、インターネットによる一般消費者の国内業者からの商品の購入取引については、現状は、「特定商取引に関する法律」の通信販売に関する事項を適用して行われている。消費者保護の観点で、インターネットに特有のものでは、日本商工会議所による「オンラインマーク」が主で、電子商取引に限られないものの、日本通信販売協会の正会員であることを示す「JADMAマーク」や、日本データ通信協会の「個人情報保護マーク」、日本情報処理開発協会の「プライバシーマーク」が目安となろう。しかしながら、販売業者が外国にある場合、消費者側の国の法律の適用が困難な場合が多く、取引上のトラブル発生時に問題となることがある。
他には、販売サイトを装って個人データやクレジットデータなどを騙し取ることが目的の、フィッシング詐欺もある。

©2011 EYEBRAKE.JP ALL RIGHTS RESERVED.